シロ矯正歯科ではワイヤー矯正やリンガル矯正など様々な矯正に対応可能

ORTHODONTICS:OTONA

大人の矯正:ワイヤー、補助装置

矯正歯科治療無料相談
症状に合わせた
適切な治療を
藤崎のShiro矯正歯科では患者さん一人ひとりに適した矯正歯科治療をご提供するため、
マウスピース型矯正装置をメインに、その他にも様々な矯正装置を取り扱っています。
それぞれの特徴をしっかり説明した上で、患者さんにとっての“最適”を一緒に考えます。

矯正装置の種類

矯正治療中の見た目も心配無用!
透明で目立たない矯正歯科治療

  • おとなの矯正:マウスピース型矯正装置
  • 部分矯正:気になる前歯だけの矯正

ラビアルブラケット
(表側矯正)

*
幅広く対応できる、最も実績のある治療法
「矯正歯科治療」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、歯を動かすためのワイヤーと、ワイヤーを歯に固定するためのブラケットが表側(唇側)に取り付けられた、この「ラビアルブラケット(表側矯正)」ではないでしょうか?古くからあり、どんな症例・症状にも対応可能な、最も実績の多い矯正方法です。
従来は金属のみで目立っていたブラケットですが、早良区藤崎のShiro矯正歯科(しろ矯正歯科)では審美性に配慮された透明なブラケットを使用しています。
メリット
  • 最も実績があり、どんな不正咬合の種類にも対応可能
  • 歯の移動を緻密にコントロールでき、見た目・咬み合わせ共に理想を実現できる
  • 透明なブラケットで、金属よりも目立ちにくい
デメリット
  • 取り外しができず、歯磨きがしづらかったり食べ物が挟まりやすいため、虫歯リスクが高まる
  • 装着中は違和感をおぼえやすく(時間の経過で慣れます)、ワイヤーが外れるなどのトラブルが起こりうる
  • 歯科医師の技術力によって結果が左右される(そのため、一般歯科医は対応しないことが多い)
  • 金属アレルギーの方には行えない

リンガルブラケット
(舌側矯正)

*
歯の裏側(舌側)に装着する、目立たないワイヤー矯正
前述のラビアルブラケットと同様にワイヤーとブラケットを用いた装置ですが、大きな違いは装置が裏側(舌側)に装着されることです。
これにより、大きく口を開けた時以外はほぼ外から装置が見えることはありません。より目立たせたくない、という方にお勧めです。
ただしブラケットなども専用の種類を用い、より高い技術・知識が必要なため、表側の矯正と比べ費用や期間がかかる傾向にあります。
メリット
  • 気付かれにくい
  • 他人から見える、歯の表側のエナメル質へのダメージが少ない
デメリット
  • 特殊な装置と技術が必要で、ラビアルブラケットと比べ高額
  • 取り外しができず、歯磨きがしづらかったり食べ物が挟まりやすいため、虫歯リスクが高まる
  • 慣れるまで違和感や話しづらいことがある
上下どちらか一方を舌側にする
「ハーフリンガル矯正」
特に目立つ上の歯列はリンガルブラケット、あまり目につかない下の歯列はラビアルブラケット、と併用することも可能です。上下ともリンガルブラケットでの矯正と比較すると、ハーフリンガルは費用を抑えられます。

補助装置:
歯科矯正用アンカースクリュー

*
矯正治療をよりスムーズに進める補助装置
歯科矯正用アンカースクリューとは矯正用のインプラントのようなもの。しっかり固定された“支点”として利用することで、歯の移動をより緻密にコントロールしたり、スピーディーに行なうことができます。
埋入や摘出に外科処置が必要ですが、一般的なインプラントと異なり小型のため、身体的・時間的負担は軽く、比較的簡単に行なえます。
メリット
  • 奥歯を支点とする一般的な矯正では奥歯が動いてしまうこともあるが、アンカースクリューならしっかり固定された支点となる
  • 歯の移動を、緻密にコントロール、スピーディーに行なえる
デメリット
  • 顎の骨の成長が終わった高校生以降でないと行なえない
  • アンカースクリュー(インプラント)周辺を清潔にしていないと感染を引き起こすリスクがあり、ケアに注意が必要

お気軽にご相談・お問い合わせを

  • ご予約・お問い合わせ:092-836-6147
  • 24時間受付:WEB予約
  • 矯正歯科治療:無料相談

よくあるご質問

矯正歯科治療を考えていますが、治療を始める適切な時期がありますか?
矯正歯科治療は成長・発育をコントロールするうえで、小学生から中学生に治療開始することが多いです。ただ、矯正歯科治療に年齢制限は無いため、成人の方ももちろんいつからでも始められます。福岡市藤崎のShiro矯正歯科では年齢や生活習慣など一人ひとりの口腔状況・ライフステージに適した矯正歯科治療方法をご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。
歯並びが悪いままだとどんな影響がありますか?
見た目や発音・滑舌に影響する場合はコンプレックスに感じやすいほか、正常な歯並びに比べて虫歯・歯周病になりやすく、将来的に歯を失うリスクが高まります。また歯並び・咬み合わせはお口や見た目だけに留まらず、全身の健康にも関与することも…。
詳しくは「矯正した方がよい理由」をご覧ください。
矯正装置を付けていると虫歯や歯周病になったりしませんか?
固定型の矯正装置(ラビアルブラケット、リンガルブラケット)の場合は、装置に食べ物が挟まったり歯磨きがしにくく、確かに虫歯・歯周病リスクが高まる傾向にあります。
しかし予防のプロである歯科衛生士によって、おうちでの正しいセルフケア指導や、装置調整・検診のために矯正治療中に定期的にお越しいただく中でのクリーニングなどを行なうことで、虫歯・歯周病にさせないよう管理・サポートしています。
マウスピース型矯正装置は取り外しができるため、通常通りの歯磨きができます。詳しくは「マウスピース型矯正装置」をご覧ください。
矯正で歯並びをきれいにしても治療後に後戻りしませんか?
矯正終了後、しばらくは歯が元の位置に戻ろうと動きやすく、何もしないままでは後戻りしてしまう恐れがあります。
そのため、治療後の正常な歯並び・咬み合わせを安定させるために、最低2年間「保定装置(リテーナー)」を装着していただきます。取外し式と固定式があり、取外し式でも食事と歯磨き以外は常に装着していただく必要があります。

お気軽にご相談・お問い合わせを

  • ご予約・お問い合わせ:092-836-6147
  • 24時間受付:WEB予約
  • 矯正歯科治療:無料相談

医院の様子や
お知らせなど更新中!